公益社団法人有機合成化学協会 SSOCJ - The Society of Synthetic Organic Chemistry, Japan

豊かな明日を創る有機合成

平成27年度 後期(秋季)有機合成化学講習会[終了しました]

    平成27年度 後期(秋季)有機合成化学講習会 テーマ:有機合成化学が拓く未来-新反応から新技術まで-

平成27年度 後期(秋季)有機合成化学講習会[終了しました]概要
主催

有機合成化学協会/共催 日本化学会、日本薬学会、日本農芸化学会

日時

[終了]平成27年11月16日(月)~17日(火)

会場

日本薬学会長井記念館長井記念ホール[東京都渋谷区渋谷2-12-15/TEL.03-3406-3326]  地図

交通

JR 渋谷駅東口より高樹町方面へ高速道に沿って徒歩約8分

» 詳細プログラムページへ

はじめに

産業の発展において有機合成化学はいわゆる「ものづくり」の根幹をなすものとして欠くことの出来ない重要な研究分野であり、基礎研究から実用化研究に至るまで活発な研究がなされ、医薬農薬、機能性材料等多くの領域に適応されて来ました。さらに近年の有機合成化学の発展は目覚ましく、数多くの有益な合成反応が見いだされると共に新しい概念や技術も導入され、これからも益々発展が期待されるものです。このような状況下、今後の研究をさらに有意義に進める上で「有機合成化学の今」を俯瞰することは非常に有益であると考えられます。
そこで今回の講習会では、「有機合成化学が拓く未来-新反応から新技術まで-」と題し、大学および企業の第一線の先生方より、最先端の研究成果について分かり易くご講義頂くこととしました。大学からは、西林先生、斎藤先生らには遷移金属触媒を用いる合成反応について、小林先生、深瀬先生らにはフロー合成を利用する医薬品合成や糖質化合物の合成について、網井先生に急速に展開するフッ素化学について、それぞれ最先端の合成反応や合成技術を中心にお話し頂きます。また、合成反応をサポートする新しい手法として、山中先生には理論化学を活用する立体化学制御の解明について、間瀬先生にマイクロナノバブルを利用する有機合成についてご紹介頂きます。さらに藤井先生には分子標的ペプチドについて、また千田先生にキラルプール法に基づく天然物合成について、それぞれ生理活性物質に関わる最先端の研究成果をお話し頂きます。また、企業からは実際に使える技術の適応例として、レニン阻害剤の製造プロセス研究、血小板増加薬の創薬研究、さらに連続触媒的不斉水素移動のプロセス化学についてご紹介頂きます。
これまでと同様に会場での最新の機器、試薬および材料の展示も予定しておりますので併せてご活用下さい。
本講習会は通常の学会やシンポジウムとは一線を画す「講習会」です。受講者には事前(1週間ほど前)にテキストを受け取り予習して頂き、座席も指定席で確保されるなどじっくりと学べる環境・スタイルをとっています。さらに内容習得をより深めるために講師と参加者が直に質疑応答ができ、討論もしっかりできるイブニングセッションを初日の講習終了後にかなり長めの時間(約2時間近く)で設けています。講師と直に十分なディスカションができることは、本講習会ならでは大きな魅力の一面でもあります。
是非この機会に本講習会にご参加いただき、「有機合成化学が拓く未来-新反応から新技術まで-」を習得して頂きご自身の今後の研究に役立てて頂けましたら幸甚です。多数のご参加をお待ちしております。
※予定しておりました「初日ランチョンセミナー」は中止なりました。何卒ご了承ください。

【講師ならびに演題】※演題は仮題目(敬称略)→詳細プログラムへ

  1. 西林仁昭 (東京大学大学院工学系研究科准教授)

    触媒的不斉プロパルギル位置換反応の開発

  2. 藤井郁雄 (大阪府立大学大学院理学系研究科教授)

    中分子創薬のすすめ:進化分子工学による分子標的ペプチド(マイクロ抗体)の創出

  3. 高橋和彦 (大日本住友製薬(株)プロセス化学研究所所長)

    レニン阻害剤の商用製造を志向した効率的な製造プロセスの開発

  4. 山中正浩 (立教大学理学部教授)

    分子触媒反応における立体制御機構に関する理論的研究

  5. 間瀬暢之 (静岡大学学術院工学領域教授)

    マイクロバブル・ナノバブル有機合成 ~研究事例と今後の展望~

  6. 小林 修 (東京大学大学院理学系研究科教授)

    フロー精密合成による医薬品原薬・ファインケミカルの製造

  7. 深瀬浩一 (大阪大学大学院理学研究科教授)

    フローマイクロ合成を利用した複合糖質の合成とその免疫制御機能

  8. 網井秀樹(群馬大学大学院理工学府教授)

    急進展する有機フッ素化学:基礎から最近の合成技術まで

  9. 高山正己(塩野義製薬(株)研究本部研究戦略オフィス主幹研究員)

    新規血小板増加薬ルストロンボパグの創薬物語

  10. 齋藤隆夫((株)高砂ケミカル代表取締役社長)

    連続触媒的不斉水素移動、グラムからトンまで

  11. 斎藤 進(名古屋大学大学院理学研究科教授)

    水素マネージメントに基づく次世代触媒化学と有機合成戦略

  12. 千田憲孝(慶應義塾大学理工学部教授)

    バイオマス利用キラルプール法による生物活性天然物の合成

展示コーナー

講演に関連する材料や機器(情報集積・表示関連材料・機器、分子モデルソフト、コンビ関連機器、新試薬など)の展示を行います。

受講料(テキスト・送料/消費税含む)

受講料→
↓会員資格
企業社員 学校・官公庁職員・研究生 学生(研究生除く)
主催・共催会員 33,000円 28,000円 16,000円
会員外 52,000円 42,000円 27,000円
主催シニア会員 17,000円(66歳以上の有機合成化学協会・個人会員)

※テキストは開催1週間~10日前に送付予定です。

※本会普通会員(法人)所属の社員は主催会員扱いとします。

※研究生、研究員は学生会費の適用は受けられません。

※上記受講料はテキスト・送料/消費税を含みます。

ご注意

テキスト発送後にキャンセルを申し出られても理由の如何を問わず参加費返金ができません。ご注意下さい。

送金方法

  1. 郵便振替( 00100-1-157690 )
  2. 銀行振込(みずほ銀行神田支店普通預金 NO.1620638 ・公益社団法人有機合成化学協会)
ページ更新日
2015年11月18日