公益社団法人有機合成化学協会 SSOCJ - The Society of Synthetic Organic Chemistry, Japan

豊かな明日を創る有機合成

平成29年度 後期(秋季)有機合成化学講習会

   

概要
テーマ

「未来志向型もの創りのアプローチ」

主催

主催 有機合成化学協会
共催 日本化学会、日本薬学会、日本農芸化学会

日時

平成29年11月15日(水)~16日(木)

1日目9:40~17:35(イブニングセッション&ミキサー:自由参加) /2日目 9:30~17:00

会場

(公社)日本薬学会長井記念館長井記念ホール
[東京都渋谷区渋谷2-12-15/TEL.03-3406-3326]

地図

交通

JR 渋谷駅東口より高樹町方面へ高速道に沿って徒歩約8分


→詳細は 長井記念館Webサイトよりご確認ください


参加申込締切

定員120名になり次第(座席指定制・先着順)
〈参加者はイブニングセッション参加無料〉

プログラム

>>詳細プログラムへ

» プログラムPDF:約1M

はじめに

  「ものづくり」の根幹をなす有機合成化学は,日本の強みとして,基礎研究から実用化研究に至るまで活発な研究がなされ,産業の発展に寄与してきました。また,数多くの有益な合成反応や新分子の発見だけでなく、新分子のこれまでにない活用法も報告されています。さらに、有機合成化学をとりまく技術も様々に進化しています。このような状況下,有機合成化学を活用した将来を描くための試みとして,「未来指向型もの創りのアプローチ」と題した講習会を開催いたします。
  今回の講習会では,活用が期待される新反応や新触媒の開発、新分子の材料や医薬品の創製,天然物の香料への応用、また有機物の微粒子化,反応経路の自動検索プログラム、さらには細胞治療,再生医療への利用など多岐にわたる内容について,大学および企業の第一線の先生方より,最新のトピックスを加えながら,研究成果を分かり易くご講義いただくこととしました。本講習会で,未来に向けた有機合成化学を感じていただければ幸甚です。
また,これまでと同様に会場での最新の機器,試薬および材料の展示も予定しておりますので併せてご活用下さい。
  本講習会は通常の学会やシンポジウムとは一線を画す「講習会」です。受講者には事前(1週間ほど前)にテキストを受け取り予習していただき,座席も指定席で確保されるなど,じっくりと学べる環境・スタイルをとっています。さらに内容習得をより深めるために,ご講師と参加者が直に質疑応答でき,討論もしっかりできる,かなり長めの(約2時間近く)イブニングセッションを初日の講習終了後に設けております。この場には,ご都合が合えば,2日目のご講師も参加されます。イブニングセッションでご講師と直に十分なディスカションができることは、本講習会ならでは大きな魅力のひとつでもあります。また,参加者間での情報交換,人脈・ネットワーク作りにもお役立ていただけます。
  是非この機会に本講習会にご参加され,未来志向の有機合成化学を味わっていただき,ご自身の今後の研究に役立てていただけましたら幸甚です。多数のご参加をお待ちしております。

A.演題(仮題含)ならびに講師   ※質疑応答時間を含まず/敬称略  

→詳細プログラムへ

  1. 細胞を操る合成化合物

    京都大学化学研究所教授  上杉志成 先生

  2. 飽和炭素鎖を官能基化する光反応の開発

    山口大学大学院創成科学研究科准教授  上條 真 先生

  3. 食品中に存在する微量天然物の香料への応用

    長谷川香料(株)総合研究所 技術研究所第1部長  渡辺広幸 先生

  4. リコンビナントペプチド技術の再生医療への活用

    富士フイルム(株)R&D統括本部再生医療研究所統括マネージャー  前川敏彦 先生

  5. チオ尿素型有機分子触媒の化学

    京都大学大学院薬学研究科教授  竹本佳司 先生

  6. 触媒が拓く分子ナノカーボン科学

    名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所拠点長/教授  伊丹健一郎 先生

  7. 有機合成反応の系統的な機構解析と経路予測へ向けて:反応経路自動探索プログラムGRRMを用いたアプローチ

    北海道大学大学院理学研究院教授  前田 理 先生

  1. MEK阻害薬Trametinib (MEKINIST®) の創薬研究とケミカルバイオロジー

    日本たばこ産業(株)医薬総合研究所  阿部博行 先生

  2. 晶析法によるナノサイズ領域の粒子生成

    早稲田大学環境保全センター長/先進理工学部教授  平沢 泉 先生

  3. ラジカル重合を用いた線状および分岐高分子の制御合成

    京都大学化学研究所教授  山子 茂 先生

  4. 有機合成化学を基盤とした核酸医薬品の高機能化研究

    塩野義製薬(株)創薬疾患研究所バイオ医薬部門  釘宮 啓 先生

  5. 分子内にリン酸基を有する化合物を医薬品にするために-プロドラッグの概念と有機化学-

    徳島大学大学院医歯薬学研究部教授  南川典昭 先生

B.ランチョンセミナー(初日)

2社のレクチャーを予定 ※ランチョンセミナーの設定は中止となりました。

C.イブニングセッション
   -人・情報・話題のネットワークの拡がりを求めて-

第1日(11月15日)講演終了後、同所にて1日目の講師、2日目の講師の先生方を交えて質疑応答や討論、さらには参加者同士の人脈交流・情報交換の場としてゆっくりディスカッションができるように設定したもので、本講習会ならではの恒例企画です。受講の方は無料です。

D.展示コーナー

講演に関連する材料や機器(情報集積・表示関連材料・機器、分子モデルソフト、コンビ関連機器、新試薬など)の展示を行います。

参加申込方法

ホームページ

以下のの専用フォームよりお申込みください。
» 参加申込みのページへ

受信後、直ちに受付しました旨のe-mailを送信します。
(※受付メールとお振り込み時の控えをもって、それぞれ『請求書・領収書』に代えさせていただいております。この受信(受付)メールが届かない場合、申込受付が未完了ですので、お手数ですが再登録をお願いします。)

  • お申込みと同時に、郵便振替または銀行振込にてご送金をお願いします。
  • 別途『請求書・領収書』が必要な場合は、お申し込みの際、その旨ご記入ください。
  • テキストは開催約1週間前に送付予定です。

受講料(テキスト・送料/消費税含む)

主催(本会)会員・共催学会会員【※本会法人会員所属の社員を含みます】

区分 企業所属 学校・官公庁職員・研究生 学生(研究生除く)
主催・共催会員 33,000円 28,000円 16,000円
会員外 52,000円 42,000円 27,000円
本会シニア会員 17,000円(66歳以上の有機合成化学協会・個人会員)

※本会法人会員所属の社員は主催会員扱いとします。

一部の法人会員へ:割引価格のご案内

本会法人会員(特級~2級)については、以下の価格を適用

区分 (特級)会員 (1級)会員 (2級)会員
主催(本会)法人会員 28,000円 31,000円 32,000円

※(3級)、(4級)法人会員は割引価格の設定がありません。

法人会員の区分はこちらからご確認いただけます。
» 【所属五十音順リスト】(PDF:300kb)
» 【等級別リスト】(法人会員一覧ページへ)

ご注意

テキスト発送後にキャンセルを申し出られても理由の如何を問わず参加費返金ができませんのでご注意下さい。

送金先

  1. 郵便振替( 00100-1-157690 )
  2. 銀行振込(みずほ銀行神田支店普通預金 NO.1620638 ・公益社団法人有機合成化学協会)

    ※ATM等ご利用時のカナ表記は『シャ)ユウキゴウセイカガクキョウカイ』となります

  3. ※振込手数料は、ご負担くださいますようお願い致します。

申込先・問合せ先

  • 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台1-5
  • 公益社団法人有機合成化学協会「講習会係」
  • TEL.03-3292-7621 FAX.03-3292-7622
  • e-mail:syn.org.chem@tokyo.email.ne.jp
ページ更新日
2017年08月09日