公益社団法人有機合成化学協会 SSOCJ - The Society of Synthetic Organic Chemistry, Japan

豊かな明日を創る有機合成

平成29年度 前期(春季)有機合成化学講習会

   

概要
テーマ

「有機合成化学が創出するイノベーション―世の中に貢献する手法とは?―」

主催

主催 有機合成化学協会
共催 日本化学会、日本薬学会、日本農芸化学会

日時

平成29年6月14日(水)~15日(木)

1日目9:45~18:30(イブニングセッション:自由参加) /2日目 9:30~16:55

会場

(公社)日本薬学会長井記念館長井記念ホール
[東京都渋谷区渋谷2-12-15/TEL.03-3406-3326]

地図

交通

JR 渋谷駅東口より高樹町方面へ高速道に沿って徒歩約8分


→詳細は 長井記念館Webサイトよりご確認ください


参加申込締切

定員120名になり次第(座席指定制・先着順)
〈参加者はイブニングセッション参加無料〉

プログラム

>>詳細プログラムへ

はじめに

  有機合成化学は、「ものづくり」にとって欠くことのできない研究分野であるとともに、日本が世界に対する強みを発揮している研究分野でもあります。
「欲しいもの」を作り出すために、「新しい反応」、「新しい反応剤」、「新しい触媒」などが種々生み出され、有機合成化学者が作り出せる「欲しいもの」は、材料、機能性分子、医薬、農薬など、多種多様となっています。
有機合成化学の発展は目覚ましく、様々な研究成果が日々、報告されています。その中から、今回の講習会では、「世の中に貢献する手法とは?」との切り口で、最近の、興味深い研究を勉強する機会を設けました。
今回は、「低分子」、「中分子」、「高分子」に垣根を設けず、「世の中に貢献する」という観点から、第一線で研究するご講師をお招きしました。天然物・医薬・農薬を目指した合成、機能性分子の創出やその利用、新反応の開発さらにはケミカルバイオロジー、蛍光イメージングなどの様々なテーマについて、「世の中に貢献する」魅力的な研究を進められている大学および企業の先生方より、「講習会」という観点から、研究の背景を含む総説的な解説や実験ノウハウなども盛り込んでいただきながら、研究のトピックスをご紹介いただきます。
また、ご好評をいただいております企業からの事業紹介を、ランチョンセミナーという形式で、第1日目に実施する予定です。あわせて、従来と同様、会場で最新機器、試薬などの展示します。
さらに、第1日目には、本講習会の特長であるイブニングセッションを、十分な時間を取って開催します。ここでは、第2日目のご講師にも可能な限りご参加いただき、リラックスした雰囲気のなか、ご講師とのFace to Faceのコミュニケーションで、より理解を深めることができます。また、このセッションは、同業、異業種問わず、参加者間での情報交換、人脈・ネットワーク作りにもご活用いただけます。
本会は、通常の学会やシンポジウムとは異なる「講習会」であり、参加者の皆様の勉強の場のひとつと考えています。是非本講習会で「有機合成化学が創出するイノベーション ―世の中に貢献する手法とは?― 」について勉強され、ご自身の研究に役立てていただけたら幸甚です。向学心あふれる皆様多数のご参加をお待ちしています。

A.演題ならびに講師   ※質疑応答時間を含まず/敬称略  →詳細プログラムへ

  1. 最近の有機結晶構造解析-粉末結晶解析による医薬品原薬の結晶構造-

    東京工業大学理学院准教授  植草 秀裕 先生

  2. 有機合成によるタンパク質、糖タンパク質の機能解析をめざして

    大阪大学蛋白質研究所教授  北條 裕信 先生

  3. Dual CysLT1/CysLT2受容体拮抗薬Gemilucast(ONO-6950)のプロセス開発

    小野薬品工業(株)CMC生産本部CMC研究統括部合成研究部プロセス開発第3グループヘッド  川中康史 先生

  4. 天然物の骨格多様化合成

    東京農工大学大学院工学研究院教授  大栗 博毅 先生

  5. 農薬における探索合成研究

    日本曹達(株)小田原研究所創薬合成研究部  柴山 耕太郎 先生

  6. 高分子デザインが拓くフォトニクスの世界

    慶應義塾大学理工学部教授  小池 康博 先生

  7. ペプチドミメティックを基盤とした中分子創薬とケミカルバイオロジー

    東京医科歯科大学生体材料工学研究所教授  玉村 啓和 先生

  1. シアノ基の特性を活用した炭素-炭素結合形成法の開発

    北海道大学大学院理学研究院教授  谷野 圭持 先生

  2. 蛍光ライブイメージングに基づく化学の新たな医療応用

    東京大学大学院薬学系研究科教授  浦野 泰照 先生

  3. 次世代 HIV-1インテグラーゼ阻害剤 ドルテグラビルの創薬研究

    塩野義製薬㈱創薬化学研究所、感染症化学部門長  川筋 孝 先生

  4. クロスカップリング反応を基軸とした機能性超分子素子の創製

    東京大学大学院総合文化研究科教授  寺尾 潤 先生

  5. 低分子から生体高分子までを標的とした触媒反応開発

    東京大学大学院薬学系研究科教授  金井 求 先生

  6. ヨウ素の特性を活かした酸化的反応の開発

    千葉大学大学院理学研究科教授  東郷 秀雄 先生

B.ランチョンセミナー(初日)

◇ HPCシステムズ株式会社、 ◇ ロックウッドリチウムジャパン株式会社

C.イブニングセッション
   -人・情報・話題のネットワークの拡がりを求めて-

第1日(6月14日)講演終了後、同所にて1日目の講師、2日目の講師の先生方を交えてゆっくりディスカッションができるように設定したもので、本講習会ならではの恒例企画です。受講の方は無料です。

D.展示コーナー

講演に関連する材料や機器(情報集積・表示関連材料・機器、分子モデルソフト、コンビ関連機器、新試薬など)の展示を行います。

参加申込方法

下記の[1]or[2]でお申込み下さい。

[1]ホームページ

» 参加申込みのページへ

受信後、直ちに受付しました旨のe-mailを送信します。
(※受付メールとお振り込み時の控えをもって、それぞれ『請求書・領収書』に代えさせていただいております。この受信(受付)メールが届かない場合、申込受付が未完了ですので、お手数ですが再登録をお願いします。)

[2]FAX

①氏名、②勤務先、③電話番号、④連絡先(自宅・勤務先の区別を明記)、⑤会員資格、⑥会員番号、⑦請求書・領収書希望の有無、 以上を明記して、下記宛にお申込み下さい。

  • 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台1-5化学会館
  • 公益社団法人有機合成化学協会「講習会係」
  • TEL.03-3292-7621 FAX.03-3292-7622
  • [1][2]ともお申込みと同時に、郵便振替または銀行振込にてご送金をお願いします。
  • 別途『請求書・領収書』が必要な場合は、お申し込みの際、その旨ご記入ください。
  • テキストは開催約1週間前に送付予定です。

受講料(テキスト・送料/消費税含む)

受講料→
↓会員資格
企業社員 学校・官公庁職員・研究生 学生(研究生除く)
主催・共催会員 33,000円 28,000円 16,000円
会員外 52,000円 42,000円 27,000円
主催シニア会員 17,000円(66歳以上の有機合成化学協会・個人会員)

※本会普通会員(法人)所属の社員は主催会員扱いとします。

ご注意

テキスト発送後にキャンセルを申し出られても理由の如何を問わず参加費返金ができませんのでご注意下さい。

送金先

  1. 郵便振替( 00100-1-157690 )
  2. 銀行振込(みずほ銀行神田支店普通預金 NO.1620638 ・公益社団法人有機合成化学協会)

    ※ATM等ご利用時のカナ表記は『シャ)ユウキゴウセイカガクキョウカイ』となります

  3. ※振込手数料は、ご負担くださいますようお願い致します。

ページ更新日
2017年02月17日