公益社団法人有機合成化学協会 SSOCJ - The Society of Synthetic Organic Chemistry, Japan

豊かな明日を創る有機合成

第109回有機合成シンポジウム2016年【春】

第109回有機合成シンポジウム2016年【春】
主催 有機合成化学協会
共催  日本化学会、日本薬学会、日本農芸化学会
日時 [終了]平成28年6月8日(水)~9日(木) 
会場 東京工業大学(大岡山キャンパス)
ディジタル多目的ホール、コラボレーションルーム

[〒152-8550 目黒区大岡山2-12-1 ]
交通 東急電鉄(目黒線、大井町線)「大岡山駅」下車徒歩1分
研究発表形式 ①口答発表のみ:35件 [発表時間:発表15分・質疑5分、計20分(予定)]
②ポスター発表のみ:30件 [ショートオーラルの時間を設ける予定]

プログラム

» プログラムのページへ

» プログラム(PDF 約560k)ダウンロード

開催報告

有機合成シンポジウムは、春季と秋季、年2回開催され、参加者が100から200人程度の規模で行われる学会である。今回は、東京工業大学大岡山キャンパスデジタル多目的ホールにおいて6月8日〜9日の2日間にわたって開催された。

発表件数は、口頭35、ポスター33であった。このうちポスターセッションは、春季のシンポジウムとしては初の試みであった。講演は一つの演題につき20分であり、演者は大学院生や若手の教員が中心であった。発表内容は、反応や機能性分子の開発、そして天然物合成など多岐にわたり、それぞれ最近の研究成果が披露された。そのため、聴講者にとっては、新しい知識や有用な情報を多く得ることができる、またとない機会であったといえる。

今回、聴講のみの学生参加枠を新設したこともあり、参加登録者は250人を超えた。一方で、企業からの参加者は例年通り少なかった。しかし、これは本事業委員会が別途企画開催する「有機合成講習会」との棲み分けがなされているところが大きい。

なお、新企画したポスター発表は大成功であったといえる。会場は、参加者で埋め尽くされ、それぞれの場所で終始活発な議論が交わされていた。終了時間を過ぎても会場に残り、議論を続ける方々の姿も見受けられた。

受賞講演

「高選択的連続ハロゲン金属交換反応を特徴とするSGLT2阻害剤トホグリフロジンの効率的合成法の確立」 平成27年度有機合成化学協会賞(技術的なもの)受賞講演
「高選択的連続ハロゲン金属交換反応を特徴とするSGLT2阻害剤トホグリフロジンの効率的合成法の確立」
(中外製薬)○村形政利、清水仁、池田拓真、木村伸彰、川瀬朗、永瀬正弘


「触媒的プロパルギル位置換反応の開発と不斉反応への展開」(東大院工) 教授 西林 仁昭 平成27年企業冠賞・受賞講演 「日産化学・有機合成新反応/手法賞」
「触媒的プロパルギル位置換反応の開発と不斉反応への展開」
(東大院工) 教授 西林 仁昭


さらに、本シンポジウムでは、二件の受賞講演も行われた。1つは前年度の有機合成化学協会賞(技術的なもの)の受賞者である村形政利博士によるものであり、もう一つは、企業冠賞「日産化学・有機合成新反応/手法賞」受賞者である西林仁昭博士によるものである。いずれも圧巻の講演であり、聴講していた学生や若手研究者には大いに刺激になったものと考えられる。

ポスター発表優秀賞

本シンポジウムの最後には、ポスター発表者5人に優秀講演賞が授与された。受賞者は、いずれも未来の有望な研究者として期待できる学生達であり、今後の活躍が期待される。

P-04 手塚則亨さん(東大院薬)
P-09 大井未来さん(東大院薬)
P-21 安藤博康さん(北里大院感染制御)
P-26 村山駿輝さん(東大院工)
P-31 野口柚華さん(東工大院理工)

以上、当シンポジウムは、いくつかの新しい試みを含め、大きな成功を収めたといえる。本事業委員会においては、この経験を来期に活かして本シンポジウムを一層盛り上げるとともに、最終的には有機合成化学分野における若手研究者の発掘、ひいては分野全体の一層の発展に寄与できることを期待する

<シンポジウム実行委員長>
(東工大理 大森 建)

ミキサー

東工大・鈴木先生の乾杯の挨拶によってミキサーは始まりました。朝から夕方まで行われたシンポジウムの疲れを乾杯の冷たい飲み物が吹き飛ばし、会場にいる人達は時間の経つのを忘れるぐらい親睦を深めるためのコミュニケーションを楽しみました。また、受賞講演の発表者の中外製薬・村形さまと東大・西林先生や、一般発表者には積極的にコメントおよび質問がなされていました。最後に、今回のシンポジウムの立案者である前事業委員長の東工大・岩澤先生が締めの挨拶を行い、ミキサーは終了しました。


<シンポジウム実行副委員長>((株)三菱化学科学技術センター・佐藤直正)

ページ更新日
2016年10月12日