公益社団法人有機合成化学協会 SSOCJ - The Society of Synthetic Organic Chemistry, Japan

豊かな明日を創る有機合成

有機合成化学とは(初めて本ホームページを訪れた方へ)

有機合成化学とは、有機化合物を創り出すための科学であり技術です。

我々の体や動植物の成分である蛋白質、糖、脂質など自然界に存在する多くの物質は有機化合物と呼ばれています。さらに、現代社会に必須の医薬、電子材料その他様々な材料、農薬、肥料、繊維、染料、色素、プラスティックなど多岐に渡る物質も主に有機化合物(炭素原子を基本構造とする化合物)で構成されています。

このような有機化合物をつくるための科学・技術が有機合成化学です。有機合成化学の研究者や技術者は、あたかも大工さんが家を建てるように、いろいろな原料から目的とする新しい有機化合物を創り出します。有機合成化学は豊かな未来社会を創る科学・技術です。他の科学技術分野と連携し、その基盤技術として、この地球が抱える多くの問題を解決する原動力となることも期待されています。難病の治療薬や感染症予防薬の開発、再生可能エネルギーとして注目される太陽電池や風力発電への新しい材料の提供など多くのプロジェクトが進行中で、今後も明るい未来を築くために有機合成化学の役割が期待されます。

有機合成化学の役割をもっと詳しく知りたい方は、是非、本会出版委員会の編集による書籍(「化学で何ができるのか」、化学工業日報社)をご一読ください。

ページ更新日
2011年10月18日