公益社団法人有機合成化学協会 SSOCJ - The Society of Synthetic Organic Chemistry, Japan

豊かな明日を創る有機合成

投稿について

投稿に際しての注意

  1. 総説・総合論文・ラウンジ:
    事前に投稿理由、要約、予定脱稿日等の必要事項を原稿提案書に記入の上、編集委員会宛にお送り下さい。なお、総説・総合論文については、その論文に関連のある原著論文の目録か別刷の主なものを添付してください。
  2. Review de Debut:
    総目次にて、同様の内容で過去に掲載されていないかを確認し、原稿提案書を協会事務局へ送付下さい。なお、博士課程の学生の場合は、指導教員の方に、一般の方で所見もしくは推薦を関係者にご記入頂く必要のある場合には、所定の記入箇所がありますので、電子メールではなく、郵送にてお送り下さい。
  3. 掲載されたすべての原稿の著作権は本会に属するものとします。
  4. 投稿フォーマット
    総説、総合論文
    Review de Debut
  5. 投稿に関する問い合わせ・提案書送付先
    〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台1-5 (社)有機合成化学協会
    TEL 03-3292-7621, FAX 03-3292-7622, e-mail: syn.org.chem@tokyo.email.ne.jp

投稿規程

  1. 有機合成化学協会誌(以下協会誌と略す)への論文の投稿は、本規程の定めるところにより行う。
  2. 論文は、有機合成化学、有機合成化学工業およびこれらの分野に関連する独創的かつ価値の高いもので、原則として、国内外の出版物に発表あるいは投稿されていないものに限る。
  3. 論文の種類は、総合論文、総説、Review de Debut、ラウンジおよびケミカルズ覚え書きとする。
    1. 総合論文:一つの主題について、著者自身の研究を総合的にまとめ論述したもの。
    2. 総説:一つの主題についての文献を総合的に集め、系統的に整理、論述したもの。
    3. Review de Debut:著者自身の研究を紹介する総合論文ではなく、他の研究者による優れた研究を学術的あるいは応用的視点からミニ総説としてまとめたもの。著者は博士課程の学生諸氏を含む若手研究者。
    4. ラウンジ:有機合成化学およびその周辺に関する解説記事で、読者に役立つ有益な話題を平易に記述したもの。
    5. ケミカルズ覚え書き:商品として流通している工業的、実験室的に興味のある化学物質に関する技術情報をまとめたもの。
  4. 論文投稿に先立ち、投稿希望者は、論文の種類、著者、題目、関連論文、脱稿予定日、目次、論文概要などを記載した論文概要説明書を編集委員会に提出する。なお、総合論文および総説については、その論文に関連ある原著論文の目録または別刷りの主要なものを添付する。
  5. 編集委員会は、提出された論文概要説明書を予備審査して、仮採否を決定する。
  6. 予備審査で仮採択された論文の投稿希望者は、別に定める「総合論文・総説」等原稿執筆の手引きに従って原稿を作成し、編集委員会に提出する。
  7. 投稿された論文は、協会誌論文査読規程に従って全て査読する。
  8. 掲載されたすべての論文の著作権は、本会に帰属するものとする。
  9. スキーム・表のカラー掲載を希望する場合、費用は著者負担とする。
付記
本規程は、平成14年3月14日より改定施行する。
(平成10年11月13日 編集委員会制定議決)
(平成14年 3 月14日 理事会改定議決)
(平成21年2月6日 編集委員会改定議決)
(平成22年1月22日 編集委員会改定議決)

原稿提案書(総説・総合論文・ラウンジ/Review de Debut)

執筆の手引き

  1. 電子媒体による原稿の提出のお願い
    ワードプロセッサを用いて作成された原稿および図表原稿を、ハードコピーとともに電子媒体(CD、フロッピーディスク、USBメモリなど)でご提出下さいますようお願い申し上げます。なお、使用可能なコンピュータOS(システム)はMacintoshおよびWindowsです。これら以外の場合には、事務局宛お問い合わせ下さい。
    ご送付いただくファイルは
    1. 本文:使用したワードプロセッサの標準のドキュメントファイル。

      MicrosoftWord および一太郎以外の場合はテキストファイルも添付願います。

    2. 図、表、化学式:ChemDrawのファイル

    CD等のラベルには、以下の項目をご記載して下さい。
    1. OS (例、MacOS 8.6、WindowsXPなど)
    2. 使用したワードプロセッサおよびそのバージョン(例、MS Word98)
    3. 使用した作図ソフトウェアおよびそのバージョン(例、ChemDraw 5.0)
    4. ファイル名
    本文は「本文(標準ドキュメント)」、「本文(テキスト)」、 図表は実際のものと対応するように「Scheme 1」、「Fig 2」、「Table 3」、「eq 1」などとして下さい。
  2. 総合論文・総説
  3. 有機合成化学協会 構造式・化学式作図要領
    図表は原則として横幅110mmまたは240mmに収まるように作成して下さい。それぞれ1カラム、2カラムとします(原寸掲載の場合は横幅78 mm、または165 mm)。 ChemDrawの設定は下記のようにして下さい。なお、この設定では構造式を描くことが困難な場合には、Fixed Lengthを解除するなど適宜変更して下さい。
    As drawing settings
    Fixed Length15pt (0.529cm)
    Bold Width2.3pt (0.081cm)
    Line Width0.8pt (0.028cm)
    Margin Width1.6pt (0.056cm)
    Hash Spacing2.3pt (0.081cm)
    Chain Angle120 degree
    Bond Spacing18% of length
    As text settings
    Atom LabelsHelvetica 10pt
    New CaptionsHelvetica 10pt
    As preferences
    Tolerance3pixcels(under the preferences)

    例:

    図表例

    原稿の図表が70%に縮小されて印刷されます

ページ更新日
2011年10月24日