イベント   -   関東支部

  1. 2021年
  2. 2020年
  3. 2019年
  4. 2018年
  5. 2017年
  6. 2016年
  1. 協会本部
  2. 北海道支部
  3. 東北支部
  4. 関東支部
  5. 東海支部
  6. 関西支部
  7. 中国・四国支部
  8. 九州・山口支部
  1. 会告
  2. 研究部会
  3. シンポジウム
  4. フォーラム
  5. セミナー
  6. 講習会
  7. 講演会
  8. 懇談会

関東支部:2021年度若手研究者のためのセミナー【オンライン開催】

日時
2021年8月21日(土) 13:00~16:45
場所
オンライン開催(zoomウェビナー形式)
主催
主 催 有機合成化学協会関東支部
開会挨拶 [ 工学院大学先進工学部教授/関東支部副支部長 南雲 紳史 ](13:00~13:05)

講師ならびに演題

〔敬称略、講演時間=おひとり30分〕

1. 「天然物の構造解析から学んだ有機合成」(13:05~13:35)
     横浜市立大学大学院生命ナノシステム科学研究科助教 入江 樂

天然からはこれまでに、人類にとって有用な生物活性物質が数多く見出されてきた。その正確な構造決定は、応用研究の前提となる重要な段階である。天然物の構造解析においてはNMR などの分光学的手法に加えて、誘導体化やモデル化合物との比較が鍵となることがしばしばある。本講演では、その過程で演者が学んだ有機合成について紹介したい。


2.「大環状金錯体を経由するシクロパラフェニレン類の効率的合成」(13:40~14:10)
     東京理科大学理学部第一部化学科助教 土戸 良高

複数のベンゼン環がパラ位で連結した環状有機化合物であるシクロパラフェニレン(CPP)及びその類縁体は、湾曲したπ共役系に起因した特異な物性を示すが、合成の難しさから報告例は多くない。最近我々は大環状金(I)錯体を経由した新しいCPPの合成法の開発に成功した。本講演では、本手法の反応メカニズムから基質適用性に関して包括的に紹介する。


3,「有限長カーボンナノチューブ分子を用いた分子ベアリングの開発」(14:15~14:45)
     東京大学大学院理学系研究科化学専攻助教 松野 太輔

我々はこれまで、一義的な構造を有するカーボンナノチューブの部分構造とみなせるキラル筒状分子群の合成を行い、主に物理有機化学・超分子化学の観点から研究を進めてきた。本講演では、いくつかの筒状分子の合成と、これらを構築単位とした超分子会合体である「分子ベアリング」の構築と特異な動的挙動について紹介する。


4.「ハロゲン結合供与型触媒の合理的設計」(15:00~15:30)
 千葉工業大学工学部応用化学科助教 原口 亮介

ハロゲン結合は水素結合と同程度の強さを有しながらも、より高い直線性を示す非共有結合性相互作用です。このため、ハロゲン結合供与体が新たな有機ルイス酸触媒として近年注目を集めています。本講演では、我々のグループで開発したハロゲン結合供与型触媒の効率的合成法と、高い触媒活性発現のための分子設計について紹介します。


5.「特異な立体配座を有する天然ポリフェノールの合成研究」(15:35~16:05)
    東京農業大学生命科学部分子生命化学科助教 若森 晋之介

グルコースは、イス型配座の他に、フナ型・ねじれフナ型・半イス型・エンベロップ型と多様な立体配座をとる。これまでグルコースの立体配座を任意に制御できる手法の開発が望まれており、近年私たちは「糖の柔軟化」現象を見出した。本発表では、新概念「糖の柔軟化」を天然物合成へ展開したところ、立体配座の歪んだグルコースを含む天然ポリフェノールの全合成を達成したので、その詳細を報告する。


6.「脱芳香族化を伴うジアステレオ選択的な連続スピロ環化反応の開発」(16:10~16:40)
    星薬科大学薬学部医薬品化学研究所助教 横江 弘雅

脱芳香族化を経る官能基化反応は、入手容易な平面性化合物を、立体的な化合物へと迅速に変換できる優れた反応である。さらに、脱芳香族化により生じる活性中間体をうまく補足することができれば、複雑な骨格構造を一挙に構築することが可能である。このような背景から、演者は置換ベンゼン誘導体を用いた、脱芳香族化を伴う連続スピロ環化反応を開発した。本反応においては、分子内で二度のスピロ環化反応が進行し、ジアステレオ選択的に目的化合物を与える。今回の講演では、最近の結果について紹介したい。

閉会の挨拶 [ 東京大学大学院薬学系研究科教授/前関東支部長 大和田 智彦 ](16:45~)

参加申込

参加費:無料、定員:150名

以下の専用フォームよりお申込みください。

受信後、直ちに受付しました旨のe-mailを送信します。
※この受信(受付)メールが届かない場合、申込受付が未完了ですので、お手数ですが再登録をお願いします。

※本セミナーにおいて会期当日の録画ならびに後日視聴は行いません。
※開催3日ほど前までにZoom招待メールを発信いたします。
※最新情報はこちらのページへ掲載いたしますのでご確認ください。

参加申込締切:2021年8月16日(月)

問合せ先

  • 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台1-5
  • 公益社団法人有機合成化学協会関東支部「若手セミナー」係
  • TEL.03-3292-7621 / FAX.03-3292-7622
  • e-mail:tokyo.email.ne.jp