お知らせ   -   協会本部

  1. 2019年
  2. 2018年
  3. 2017年
  1. 協会本部
  1. 研究部会
  2. 表彰
  3. 出版
  4. その他

「AIと有機合成化学」研究部会-第3回勉強会のご案内

研究部会会員 限定 「AIと有機合成化学」研究部会-第3回勉強会

6月21日(金)中央大学駿河台記念館670号室にて、【「AIと有機合成化学」研究部会-第3回勉強会】を開催いたします。(研究部会員対象)

日時:2019年6月21日(金)
会場:
[勉強会]中央大学駿河台記念館670号室 ※参加費無料    13:50~
[交流会]PRONTO 御茶ノ水店 17:15~18:30
※交流会参加費(希望者のみ)別途、2,000円を申し受けます。(=受付時)
※交流会へのご参加は会場の都合により定員(80名)に達し次第、募集期間内でも「締切」とさせていただきますので、予めご了承下さい。

※研究部会員あてにお知らせしておりますお申込みフォーム締切後に「参加をご希望」の方は、お手数ですが事務局までお問い合わせください。
「AIと有機合成化学」研究部会 事務局あて e-mail : syn.org.chem@tokyo.email.ne.jp

交通:JR中央線・総武線「御茶の水駅」下車徒歩約3分
【〒101-8324 東京都千代田区神田駿河台 3-11-5/ TEL 03-3292-3111(記念館事務室)】
申込締切 6月10日(月)
対象:研究部会 会員(別途 申し込み方法等をご登録のメールアドレスへお送りします。)
定員:120名(交流会は80名)
※お申込みには「AIと有機合成研究部会」へのご入会が必要となります。

勉強会

13:50~14:00

趣旨説明
代表幹事 松原誠二郎(京都大学)

14:00~

1. 「分子のグラフ表現と機械学習」
瀧川 一学 (理化学研究所革新知能統合研究センター(AIP))
化学、創薬、生命科学などで現れる様々な分子に関するデータに機械学習を適用する場合、分子をどのように表現するかは一つの鍵となる。本講演では「グラフ構造」として分子を表現する方法とその表現を対象とした機械学習の概要について紹介する。

15:00~

2.「化学工学的データ解析による有機反応最適化:合成屋と解析屋のコラボレーション」
間瀬 暢之(静岡大学グリーン科学技術研究所・静岡大学学術院工学領域化学バイオ工学系列教授)
市場への商品提供期間を短縮できることから、製造においてだけでなく、研究開発から最適化に取り組むことが強く望まれている。反応条件最適化法を確立することにより、熟練した有機合成化学者が手間と労力のかかる従来の最適化から解放されることを期待し、研究に取り組んだ。しかし、有機合成(反応)屋さんがゲーム感覚で最適化に取り組んでも痛い目に会うだけであった。化学工学的データ解析屋さんとタッグを組むことにより、フロー手法にも適用できる有機反応最適化を開発したので、その経緯について紹介する。

(15:45~16:00 ブレイク)
16:00~

3.「マテリアルズ・インフォマティクスの概念と要素技術」
畑中 美穂(奈良先端科学技術大学院大学研究推進機構特任准教授)
データ駆動型科学の機運の高まりとともに、材料科学分野における様々なデータベースが構築されてきている。しかし、着目したい材料の機能や物性のデータが揃っているとは限らないことを鑑みると、少ないデータを元に、機能・物性予測を可能にする方法論を確立することも重要な戦略の一つであると言える。講演では、マテリアルズ・インフォマティクスの要素技術を概説すると共に、少数のデータからメカニズムの情報を取り入れつつ、適切な材料を探索する試みを紹介する。

※研究部会会員の方 限定となっております。

お申込みには「AIと有機合成研究部会」へのご入会が必要となります。

詳細はこちらから