公益社団法人有機合成化学協会 SSOCJ - The Society of Synthetic Organic Chemistry, Japan

豊かな明日を創る有機合成

巻頭言

随時、更新中。

巻頭言
巻頭言題名 執筆者
75 10 有機合成化学の芸術性 友岡 克彦
75 9 セレン原子発見から200年,自分を振り返る 村井 利昭
75 8 有機合成を礎に難題に挑む 大類 洋
75 7 大村天然物が人類を救いノーベル賞受賞 砂塚 敏明
75 6 「天然物研究」との「戦い」 小林 淳一
75 5 不斉合成とクロマト分離 岡本 佳男
75 4 素直さと明るさと情熱を 岩澤 伸治
75 3 学生諸君,憧れのヒーローを見つけよう! 竹本 佳司
75 2 有機合成化学の将来は? 秋山 隆彦
75 1 解決の鍵は,「連続的イノベーション」 永山 治
74 12 共同研究者と学生たちに感謝 山本 陽介
74 11 Responses and Responsibilities of Giants 硤合 憲三
74 10 「他流試合」のすゝめ 千田 憲孝
74 9 世紀を超えて 瀬恒 潤一郎
74 8 正確度と精度の追求 宮田 博之
74 7 sp<sup>3</sup>炭素に注目! 神戸 宣明
74 6 ナノと有機合成 澤村 正也
74 5 ケミカルバイオロジーと科研費 杉山 弘
74 4 化学で考える 上野 裕明
74 3 大学の有機合成研究への提言 小宮 三四郎
74 2 有機合成におけるカップリングとその進化 三浦 雅博
74 1 新しい創薬ターゲットとしての中分子 深瀬 浩一
73 12 反応との対峙 上西 潤一
73 11 Living in the World of “Many Gods” 伊藤 幸成
73 10 次世代を育む 辻 康之
73 9 どう発想するか。どう実現するか。 真島 和志
73 8 有機合成40年:雑感 清水 真
73 7 世界の晴れ舞台にもう一度 味戸 慶一
73 6 企業と大学で学んだ有機合成化学—軸不斉の化学— 夏苅 英昭
73 5 フラスコでは実現できないフローケミストリーをめざして 吉田 潤一
73 4 位置異性体(Regioisomer)? 村上 正浩
73 3 アルカロイドに見る有機合成化学の力量 高山 廣光
73 2 好奇心と期待感 阿達 弘之
73 1 有機合成化学協会誌から学んだこと 梶 英輔
72 12 私の持論 渡辺 裕
72 11 Synthetic Organic Chemistry — At the Center of Science 竜田 邦明
72 10 大学のグローバル化 淺見 真年
72 9 知識を知恵に 笹井 宏明
72 8 研究者とライフレビュ 森 裕二
72 7 大学と競争原理 山田 眞二
72 6 有機合成で無限の可能性を追求していこう 柳原 直人
72 5 有機合成のブレークスルー 小槻 日吉三
72 4 再度訪日後の感想について 包 明
72 3 グローバルへの挑戦 榊 潤一
72 2 「モノづくり」に思うこと 寺田 眞浩
72 1 動的,ということ:活きた分子の目線で反応を追う 川端 猛夫
71 12 想定内,想定外ということ 佐々木 茂貴
71 11 Organic Synthesis as Culture 正田 晋一郎
71 10 天然物合成:田園からの発想 長澤 和夫
71 9 試薬を提供する立場として 浅川 誠一郎
71 8 企業が求める人材とその有効活用について 五十嵐 仁一
71 7 「たのしい」と「おもしろい」 山口 雅彦
71 6 有機合成化学―科学の基礎,産業の基盤 萩原 久大
71 5 ネバーギブアップ! 佐治木 弘尚
71 4 融合領域の中核としての有機合成化学 淵上 寿雄
71 3 こだわりのススメ 茶谷 直人
71 2 最近の教育のありようを憂う 田中 正人
71 1 海外から見る日本 磯部 稔
70 12 天然物全合成と生合成 及川 英秋
70 11 The Time is Ripe Rodney W. Stevens
70 10 Molecule of the Month 戸部 義人
70 9 私の産学官連携 佐藤 一彦
70 8 特異なπ電子系 山下 敬郎
70 7 有機合成化学協会誌の楽しみ 伊藤 敏幸
70 6 大学院生の夢と協会誌 小坂田 耕太郎
70 5 有機合成化学と次世代太陽電池 荒川 裕則
70 4 フェア 高井 和彦
70 3 公益法人化と社会への発信 橋本 俊彦
70 2 At a Glance現象:知識易得,知恵難求 中田 雅也
70 1 つくりたいものを創る—師から学んだ,愉しみの先に— 太田 光昭
69 12 有機合成に続くもの 清水 功雄
69 11 Catalysis with d-Block Transition Metals for Green Organic Synthesis and a Sustainable World 根岸 英一
69 10 創薬研究における合成屋の役割 辻 尚志
69 9 次のノーベル賞へ向けて 高橋 保
69 8 作ることは楽しい 森 謙治
69 7 研究の継続性と独自性 橋本 俊一
69 6 大地震に遭遇して 桑原 重文
69 5 創薬加速型プロセス化学の勧め 富岡 清
69 4 続・泣きたい気持ち 永島 英夫
69 3 有機合成化学への期待 中江 清彦
69 2 日本はヨウ素資源大国!ご存知でしたか? 石川 勉
69 1 研究の展開―足元を深く掘り下げるか,遠くを見るか 楠本 正一
68 12 有機合成化学の威力 世永 雅弘
68 11 Why Synthetic “Organic” Chemistry? 巽 和之
68 10 全合成の魅力と意義 本多 利雄
68 9 Chance Favors the Prepared Mind 塚本 紳一
68 8 地の利,人の和,そして始めに天然物ありき 平間 正博
68 7 有機合成と青いバラ 大船 泰史
68 6 Integrated Chemical Synthesizer 吉田 潤一
68 5 天然物有機化学の過去から未来 大村 智
68 4 縮みの文化と分子ミニアチュア 入江 正浩
68 3 “0”の地平 武田 猛
68 2 外資系製薬研究所から飛び立つ日本人研究者達 森 一郎
68 1 CMC研究 中村 耕治
67 12 東京雑感 楠見 武徳
67 11 Synthetic Organic Chemists at a Crossroads
-Challenges and Possibilities–
尾島 巌
67 10 有機合成が活躍するナノ材料の化学 伊与田 正彦
67 9 教室の窓から思うこと 柳 日馨
67 8 ミスマッチ 馬場 章夫
67 7 若者よ,ベンチャー精神を持って飛び出せ 高橋 孝志
67 6 全合成研究と人材育成 西田 篤司
67 5 触媒的合成化学を先導するクロスカップリング反応 宮浦 憲夫
67 4 アートとサイエンス 大川 滋紀
67 3 新薬創出国として 西 剛秀
67 2 若い世代について感ずるままに 西山 繁
67 1 アイデアと人との出会い 中田 忠
66 12 35年前の実験から思う 畑山 範
66 11 The Role of Organic Synthesis in Nanotechnological Science 小倉 克之
66 10 二酸化炭素 井上 祥雄
66 9 [成果]=[脳力]×[努力]2 小林 進
66 8 好奇心 西沢 麦夫
66 7 識・想・応~若者へのメッセージ~ 稲永 純二
66 6 有機合成化学研究者の育成 北村 雅人
66 5 進化する有機機能材料 城田 靖彦
66 4 情けは人の為ならず 原田 俊郎
66 3 創薬研究と有機化学にかける思い 長瀬 博
66 2 一企業人からの大学への要望と期待 大橋 武久
66 1 時を超える「ひと」,「もの」,「こころ」 上村 大輔
65 12 今こそチャレンジの時 北 泰行
65 11 Review Journals in the Web Age 香月 勗
65 10 真に無駄の無い化学を 碇屋 隆雄
65 9 少し余裕を! 大寺 純蔵
65 8 我が国の有機合成化学 丸岡 啓二
65 7 合成標的化合物の選択 橘 和夫
65 6 有機合成化学の進歩を思う時 只野 金一
65 5 何のための研究か? 山本 嘉則
65 4 将来恩師となる人に出会う 西村 淳
65 3 有機合成にかける熱い思い 水野 一彦
65 2 自ら考え、自ら行動する 大水 博
65 1 チョットゼイタクなハナシ:目先生のこと、ストーク先生のこと 鈴木 啓介
64 12 化学の良心と未来 小原 義夫
64 11 Chemistry in Asia 中村 栄一
64 10 水を飲むように 西山 久雄
64 9 研究の喜び 林 民生
64 8 高度専門技術者の育成を産学の連携で 井上 誠一
64 7 教育は研究の基盤 福山 透
64 6 “ものづくり”のこころ 浦田 尚男
64 5 生命現象を制御する活性小分子 山村 庄亮
64 4 「メタセシス」ノーベル化学賞を考える 柴﨑 正勝
64 3 夢を語ろう 金政 修司
64 2 薬学と有機合成化学 井原 正隆
64 1 勇気と信念そして120%の努力 宮下 正昭
63 12 若き有機合成研究者に期待すること 伊関 克彦
63 11 Reinforce the Educational System for Further Development of Synthetic Organic Chemistry 北原 武
63 10 ゆとり 宍戸 宏造
63 9 私立大学の一現場から 勝村 成雄
63 8 有機典型元素化学の来た道、往く道 川島 隆幸
63 7 日本の有機合成化学の将来 鈴木 國夫
63 6 科学・技術の創造性 井澤 邦輔
63 5 有機合成反応 奈良坂 紘一
63 4 創薬と錬金術 森本 繁夫
63 3 有機合成化学と芸術 高垣 秀次
63 2 大学教員として「想いは千々に乱れて」 西郷 和彦
63 1 独自の分野を切り拓く勇気を 玉尾 皓平
62 12 Road Map to Success 成戸 昌信
62 11 Nature, Structures and Synthetic Organic Chemistry 中西 香爾
62 10 節目に思うこと 佐々木 博朗
62 9 国立大学法人化とかの国の大学 中山 重蔵
62 8 IUPACと私の国際貢献 磯部 稔
62 7 あたらしい化学の幕開け 池上 正
62 6 雑感 田口 武夫
62 5 魔法のような分子ナノテクノロジーをめざして 川合 知二
62 4 ファインケミカル企業の課題 佐藤 幸蔵
62 3 法人化元年に思う 斎藤 清機
62 2 きっかけが興味を沸き立たせ、将来の化学発展の礎をつくる 木原 則昭
62 1 有機合成の過去・現在・未来 檜山 爲次郎
61 12 優れたセンスをいかにして培うか 今本 恒雄
61 11 More Diversity Can Strengthen Synthetic Organic Chemistry in Japan 山本 尚
61 10 グローバル化の実践-フッ素化学と共に 山辺 正顕
61 9 情報革命を機に我が国情報誌の発展を 香月 勗
61 8 創造に駆り立てる力 吉良 満夫
61 7 数値基準 山本 嘉則
61 6 第三世代の化学 平岡 哲夫
61 5 真のグリーンケミストリーの開発を目指そう 塩入 孝之
61 4 有機合成化学をとりまく環境と環境問題 大嶌 幸一郎
61 3 現状のままで満足ですか年輩者:今や集学的に“熟学”事始めの時 長尾 善光
61 2 有機合成の化学情報学 藤田 眞作
61 1 初夢と矢印 富岡 清
60 12 「ナイショ」実験の勧め 宇根山 健治
60 11 Synthetic Organic Chemistry is a Mature Science ? 中井 武
60 10 雑感 柿沼 勝己
60 9 有機合成化学の活力を化学工業の更なる発展に -知と技の効果的な連携を目指して- 西口 郁三
60 8 企業研究と人 大貫 隆
60 7 Blue Sky Research 野崎 一
60 6 機能を求める有機合成 加藤 喜規
60 5 新しい合成の時代 銅金 巌
60 4 大学院諸君に期待する 中谷 陽一
60 3 鑑識眼 山本 明夫
60 2 温故知新 村井 章夫
60 1 野依良治さん、ノーベル賞受賞お目出度 伊藤 嘉彦
59 12 創薬化学研究で必須なもの 早川 勇夫
59 11 Organic Synthesis and Catalysis 村橋 俊一
59 10 スケールの大きな研究を目指そう 楠本 正一
59 9 夢と希望 光延 旺洋
59 8 大学における学術研究と科学研究費 鈴木 昭憲
59 7 世紀替わりのパラダイム・シフト-有機合成の出番- 迫田 良三
59 6 若き有機合成化学者に望む 飯沼 勝春
59 5 理研のポスドク制度など 小川 智也
59 4 21世紀は有機合成の時代 小倉 克之
59 3 「男女共同参画社会の実現に向けて」の流れの中で 森 美和子
59 2 研究者とコンピュータの棲み分けの時代 銅金 巌
59 1 台湾大学で応用有機化学の講義をして 辻 二郎
58 12 21世紀は「化学」から「化楽」へ 竜田 邦明
58 11 Towards the 21st Century 桑嶋 功
58 10 「ごまめ」の歯ぎしり;また独立行政法人化 稲津 孝彦
58 9 21世紀を化学の世紀に 伊藤 健兒
58 8 10年ぶりに学生の就職指導を担当して 宮野 壮太郎
58 7 プロセス研究への期待 伊藤 勇
58 6 微生物生産物の魅力 八木澤 守正
58 5 有機合成化学協会の生命線 甲斐 學
58 4 雑感 中川 昌子
58 3 先端生命科学へもっと化学を 田村 準也
58 2 化学者と化学企業の次世代への責任 奥 彬
58 1 新しい期待 向山 光昭
57 12 日本の化学系学術情報誌の将来を考える 池上 四郎
57 11 Why we write in English 村井 眞二
57 10 往くに小径によらず~大道はいずこに~ 平井 功一
57 9 天然物合成の楽しさ 小笠原 國郎
57 8 21世紀の有機合成化学を夢想する 塩入 孝之
57 7 化学産業の新しい展開 本田 圭
57 6 環境と化学技術 土屋 広
57 5 プロセス化学の楽しさ 新開 一朗
57 4 素晴らしい系譜を踏み台に 甲斐 學
57 3 大学院重点化・教育体系・研究環境 北原 武
57 2 経済-製造業-有機合成 小野田 武
57 1 合成物質と天然物質の生理活性 上野 民夫
56 12 「化学」の濫用 細見 彰
56 11 Advancing Organic Synthesis 野依 良治
56 10 有機合成化学と環境 小倉 治夫
56 9 21世紀に向けての化学技術者の課題 高瀬 勉
56 8 歴史に学ぶ 熊田 誠
56 7 合成化学の新しい視点 廣部 雅昭
56 6 企業における有機合成化学-2つの役割について 今木 直
56 5 シンセシスのスキル 山本 尚
56 4 研究費のバブル時代とならないために 大塚 栄子
56 3 情報の受信から発信へ 古賀 憲司
56 2 生物科学における有機合成化学 市原 耿民
56 1 個性あるファインビジネスへ 中村 明日丸
55 12 反常識の化学 冨士 薫
55 11 Organic Synthesis and Computer Chemistry 米光 宰
55 10 有機合成化学と大学改革 米田 徳彦
55 9 創薬研究に携わる生物化学者からの有機合成化学への期待 赤松 穰
55 8 ゲノム研究とこれからの創薬 伊藤 菁莪
55 7 生活文化と人事交流 秋葉 欣哉
55 6 有機合成化学と合成有機化学 中井 武
55 5 創造的研究を 山村 庄亮
55 4 化学の恩返し 芝 哲夫
55 3 タンパク質と有機化学 小倉 協三
55 2 21世紀の化学への期待 安藤 亘
55 1 3つのS 長倉 三郎
54 12 雑感 伊藤 嘉彦
54 11 On Creativity of the Japanese 山本 明夫
54 10 有機合成化学の将来と有機電気化学の役割 長 哲郎
54 9 「ほしいものだけ作る化学」から「ほしいものを製造できる化学」へ 印藤 元一
54 8 所感 山本 經二
54 7 イノベーションへの道-ホモからの脱出 松本 和男
54 6 有機電解のこれからと電子伝達 鳥居 滋
54 5 スペクトロメトリーの進歩と共に 北川 勲
54 4 素材産業の課題 小柳 俊一
54 3 自然からの教訓 岩村 秀
54 2 Tetrahedron Lettersの編集を終わって 伊東 椒
54 1 発見の条件 根岸 英一
53 12 二人の大御所の共同研究 大村 智
53 11 Publishing in 1946 and Now 野崎 一
53 10 “夢”と“ロジック”と“アート”とを 日野 亨
53 9 理科教育のいま・これから 井上 祥平
53 8 有機合成化学の私的展望 桑嶋 功
53 7 自然の摂理と有機合成化学 平岡 哲夫
53 6 最近思うこと 小川 誠一郎
53 5 「特異反応場の有機化学」特集号に寄せて“常識からはみ出す” 戸田 芙三夫
53 4 英文誌の飛躍的発展を 中西 香爾
53 3 新年度を迎えるにあたって想う 甲斐 學
53 2 美しい有機化学を! 白濱 晴久
53 1 植物とかかわって,そして今 藤田 泰宏
52 12 科研費雑感 米光 宰
52 11 Preface to the First English Issue of Yuki Gosei Kagaku Kyokai Shi (J. Synth. Org. Chem., Jpn.) 森 謙治
52 10 協会誌の国際化に向けて 岡崎 廉治
52 9 次代を担う有機合成化学者への一言 膳 昭之助
52 8 有機合成のシーズとニーズの接点 浦 康一
52 7 創薬研究とセレンディピティー 藤野 政彦
52 6 遷移金属カルボニルを研究の道連れに 渡部 良久
52 5 ペプチド合成:有機化学からタンパク質化学へ 榊原 俊平
52 4 生体系諸反応を化学の手に 丸山 和博
52 3 大学院生への熱い期待 松田 治和
52 2 いくつかの思い出 鈴木 章
52 1 日本の実力を示すような情報発信を 野崎 一
51 12 転写調節からのアプローチによる創薬を求めて 野口 照久
51 11 有機金属分子と有機合成 村橋 俊一
51 10 研究に王道なし 堀 幹夫
51 9 有機合成と大学入試 園田 昇
51 8 ヘテロ元素にもっと目を 稲本 直樹
51 7 創薬と合成化学の研究・教育 吉井 英一
51 6 テトロドトキシンの頃から 荒田 洋治
51 5 雑想ファインケミカルズの余談 佐々木 正
51 4 有機マグネシウムの100年 熊田 誠
51 3 フィーリングサイエンス-五感の科学- 鶴田 治樹
51 2 有機合成化学と蛋白質生化学 宮澤 辰雄
51 1 節目にあたって思うこと 櫻井 英樹
50 12 温故知新 岸田 有吉
50 11 天然物合成における高効率合成の重要性 大石 武
50 10 有機化学の歴史から 庄野 達哉
50 9 探索・創薬研究を考える 吉岡 宏輔
50 8 未来への思い 舘 糾
50 7 発展する日本企業の研究開発 辻 二郎
50 6 創薬とメディシナルケミスト 犬飼 紀喜
50 5 ロビンソンの贈物 杉野目 浩
50 4 独創性のすすめ 戸田 芙三夫
50 3 ペニシリンの特異な構造に引かれて 滝田 智久
50 2 超える 島 武男
50 1 有機合成化学は今後どうあるべきか 吉田 善一

お気づきの点がございましたら、事務局までご連絡下さい。

ページ更新日
2017年10月17日