関西支部

概要

名称 公益社団法人有機合成化学協会関西支部
設立 1957年6月14日(発会式を開催)
事務所所在地 〒550-0004
大阪市西区靭本町1丁目8番4号
(大阪科学技術センタービル6階)
TEL 06-6441-5531
FAX 06-6443-6685
管轄都道府県 富山県、石川県、福井県、滋賀県、京都府、奈良県、和歌山県、大阪府、兵庫県の2府7県

2018年度 関西支部役員

支部長
大江浩一(京大院工物質エネルギー化学・教授)
副支部長
神川 憲(大阪府立大院理・教授)
鬼頭 真(大日本住友製薬(株)プロセス化学研究所・フェロー)
支部担当理事
笹井宏明(阪大産業科学研・教授)
監事
白川英二(関西学院大理環境・応用化学科・教授)
高須清誠(京大院薬薬品合成化学・教授)

有機合成化学協会関西支部の主な行事

行事 開催時期 行事目的
有機合成新春講演会 1月 valign=”top”>その年度に定年退職を迎える関西の大学の先生や企業で活躍された著名な研究者にご講演をいただきます。有機合成化学に関する研究を永年にわたって推進して来られた先生方からこれまでのご研究の流れや、現役生活を振り返った時の思い出などについてのお話を聞くことができます。
(参加無料<懇親会は有料>)
2月セミナー
「有機合成のニュートレンド」
2月 有機合成化学の最近のトピックスをとりあげて、その分野を広く深く探求する専門家にご講演をいただけます。企業・大学の研究者および大学院生が積極的に参加できるようなセミナー企画を心がけています。
セミナー化学千一夜
「あすの化学への夢を語ろう」
6月頃 1泊2日で講演者を含めた参加者が寝食を共にします。初日は主に工場や研究施設等を見学させていただき、夜には懇親会→放談会→2次会の流れで他の参加者や講師の先生と親睦を深めることが出来ます。是非、人脈をひろげる機会にご利用いただきたいと考えています。
有機合成若手セミナー
「明日の有機合成を担う人のために」
8月頃 このセミナーは、日本薬学会近畿支部と共催で実施します。有機合成化学の面白さを若い研究者や大学院生・学部学生たちに知ってもらう機会を提供しています。第一線でご活躍の先生方をお招きして研究の基本から新方法論の展開および標的へのアプローチなどについてご講演をいただきます。また、ポスターセッションを設けて、若手の研究者の方に発表いただき、優秀な発表には「優秀研究発表賞」を授与して表彰します。
有機合成夏期セミナー
「明日の有機合成化学」
9月頃 有機合成化学のひろがりと深さの探求をするために、他の領域への寄与などについて専門の先生にご講演をいただきます。トピックスの方法論から将来展望までわかりやすい解説を聞くことができます。
有機合成化学北陸セミナー 10月頃 北陸地区(富山県・石川県・福井県)は関西支部に属しているが、地理的には支部活動への参加が困難である。そこで、北陸地区の活性化に支部として出来るだけサポートするために、毎年、3県が持ち回りで北陸セミナーを企画しています。北陸地区の若手研究者にご発表いただき、慣例として支部長と副支部長が特別講演をします。
支部賞受賞講演会 11月頃 平成15年度より支部独自の顕彰として「関西支部賞」が設けられた。受賞者(毎年3件以内)には、受賞の研究業績についてご講演をいただいています。