他機関賞・研究助成

本会は、他の団体が贈呈する賞や助成金に対して会員諸氏の優れた研究業績を推薦するために、学術研究賞および助成推薦委員会を設置しています。

本会に対して下表のような各種賞・助成金候補者の推薦依頼がありますので、推薦を希望される本会会員は、それぞれの賞・助成金の正式の応募用紙を用いて、本会あてお申し出下さるようお願いいたします。

推薦委員会で検討のうえ、適当と認めた場合には本会より当該団体へ推薦いたします。

各種賞・助成金候補者の推薦対象団体

※応募資格:本会会員であること

日本学術振興会賞
団体名 (独)日本学術振興会
〒102-0083 千代田区麹町5-3-1
TEL.03-3263-0912
対象分野:人文学、社会科学及び自然科学
締切日 2018/4/6-11必着 / 本会締切:3/1
賞・助成の対象 対象者:

  1. 45歳未満
  2. 博士の学位を取得
  3. 外国人の場合は推薦時点において我が国で5年以上研究者として大学等研究機関に所属しており、今後も継続して我が国で研究活動を予定していること
創造性に富み優れた研究能力を有する若手研究者を早い段階から顕彰し、その研究意欲を高め、研究の発展を支援し我が国の学術研究水準を世界のトップレベルにおいて発展させることを目的とする。
詳細については、「日本学術振興会賞」サイトをご覧ください。
文部科学大臣表彰科学技術賞及び若手科学者賞
団体名 文部科学省研究振興局
〒100-8959 千代田区霞が関3-2-2
TEL.03-5253-4111(内線:4071)
締切日 提出先締切:2018/07/25 /   本会締切:06/30
賞・助成の対象 研究開発、理解増進等で顕著な成果を収めた者の功績を讃え、科学技術に携わる者の意欲の向上を図り、科学技術水準の向上に寄与することを目的とする。
詳細は「文部科学省:公募情報」サイトへ
http://www.mext.go.jp/b_menu/boshu/
(1)化学技術賞 (2)技術進歩賞 (3)化学技術有功賞
団体名 (公社)日本化学会
〒101-8307 千代田区神田駿河台1-5
TEL.03-3292-6161 / FAX.03-3292-6318
締切日 提出先締切:08/31 / 本会締切:2018/07/31
賞・助成の対象
  1. わが国の化学工業の技術に関してとくに顕著な業績があった者
  2. 工業的価値の高い独創的な化学技術を開発した者※日本化学会会員※H30.4.1時点で満40才に達しない
  3. 化学に関連する研究支援の業務を専らし、装置・器具の開発・改良、特殊技能などにより特に貢献のあったもの
推薦書用紙・詳細は、(公社)日本化学会サイトから
http://www.chemistry.or.jp/activity/prize/requirements.html
岩谷直治記念賞
団体名 (公財)岩谷直治記念財団
〒104-0032 中央区八丁堀2-13-4 第3長岡ビル5階
TEL.03-3552-9960 / FAX.03-3552-9961
締切日 提出先締切:8/31 / 本会締切:7/15
賞・助成の対象 エネルギー・環境の分野で優れた技術を開発し、かつ産業上の貢献が認められている業績を顕彰して、斯界の発展と国民生活の向上に寄与することを目的とする。
「公益財団法人岩谷直治記念財団」サイト
http://www.iwatani-foundation.or.jp
井上学術賞
団体名 (公財)井上科学振興財団
〒150-0036 渋谷区南平台町15-15 南平台今井ビル601
TEL.03-3477-2738 / FAX.03-3477-2747
締切日 提出先締切:毎年4~9月/ 本会締切:’8/中旬
賞・助成の対象 自然科学の基礎的研究で特に顕著な業績をあげた50歳未満(締切日時点)の研究者に対し贈呈する。
候補者推薦書(用紙)につきましては、「井上学術賞」サイト
http://www.inoue-zaidan.or.jpよりダウンロードしてください。
(1)大河内記念賞 (2)大河内記念技術賞
団体名 (公財)大河内記念会
〒105-0001 港区虎ノ門1-21-10-1501
TEL.03-3501-2856 / FAX.03-3501-2727
締切日 提出先締切:8/15 / 本会締切:’18/7/20
賞・助成の対象
  1. 生産工学および生産技術上優れた独創的研究成果をあげ、学術の進歩と産業の発展に貢献した特に顕著な業績
  2. 生産工学および生産技術上優れた独創的研究成果をあげ、学術の進歩と産業の発展に貢献した顕著な業績
(公財)大河内記念会サイト
http://www.okochi.or.jp
(1)東レ科学技術賞 (2)東レ科学技術研究助成
団体名 (財)東レ科学振興会
〒103-0021 中央区日本橋本石町3-3-16(日本橋室町ビル7階)
TEL.03-6262-1655 / FAX.03-6262-1901
締切日 提出先締切:平成30年10月10日 / 本会締切:8月31日
賞・助成の対象
  1. 所属学会に関連する分野で学術上の業績が顕著な方、学術上の業績が顕著な方、学術上重要な発見をした方、効果が大きい重要な発明をした方、あるいは技術上重要な問題を解決して技術の進歩に大きく貢献した方。
  2. 所属学会に関連する分野で自らのアイディアで萌芽的研究に従事しており、かつ今後の研究の成果が科学技術の進歩、発展に貢献するところが大きいと考えられる若手研究者(原則として推薦時45才以下)。
推薦書用紙につきましては、「東レ科学技術振興」サイト
http://www.toray-sf.or.jp/よりダウンロードできます。(6月中旬より)
市村産業賞 (1)本賞 (2)功績賞 (3)貢献賞
団体名 (公財)新技術開発財団
〒143-0021 大田区北馬込1-26-10
TEL.03-3775-2021 / FAX.03-3775-2020
締切日 提出先締切:’17/11/20 / 本会締切:10/10
賞・助成の対象
  1. 事業経営者と技術開発者を対象、独創性に富み、国産の技術で世界に誇りうるもの
  2. 当技術を開発・実用化し、日本の産業の発展に功績のあった技術開発者
  3. 当技術を開発・実用化し、日本の産業に貢献した技術開発者
育志賞
団体名 (独)日本学術振興会
〒102-0083 千代田区麹町5-3-1
TEL 03-3263-0912
締切日 提出先締切:毎年6月上旬/ 本会締切:4/30
賞・助成の対象 将来、我が国の学術研究の発展に寄与することが期待され、大学院における学業成績が優秀で、豊かな人間性を備え、意欲的かつ主体的に勉学及び研究活動に取り組んでいる方
推薦書用紙につきましては、「日本学術振興会育志賞」サイト
http://www.jsps.go.jp/j-ikushi-prize/yoshiki.htmlよりダウンロードしてください。
藤原賞
団体名 (財)藤原科学財団
〒104-0061 中央区銀座3-7-12
TEL.03-3561-7736 / FAX.03-3561-7860
締切日 提出先締切:12/20 / 本会締切:11/1
賞・助成の対象 科学技術の発展に卓越した貢献をされた日本在住の研究者に対し、これまでの業績を顕彰し、その業績が今後の研究分野の更なる飛躍・発展をもたらすことを考慮し選考する
詳細につきましては、「(財)藤原科学財団」サイト
http://www.fujizai.or.jp/をご覧ください。

※下記の団体は直接公募しておりますので、直接応募して下さい。

直接公募の団体

アステラス病態代謝研究会 (1)研究助成金公募 (2海外留学補助金公募
団体名 (公財)アステラス病態代謝研究会
〒103-8411 中央区日本橋本町2-5-1
TEL.03-3244-3397 / FAX.03-5201-8512
締切日 ’18年6月15日(4月1日応募開始)
賞・助成の対象 有機合成化学、天然物化学領域も対象に含みます。
詳細についてはホームページをご覧下さい。
徳山科学技術国際交流助成
団体名 (財)徳山科学技術振興財団
〒105-8429 港区西新橋1-4-5 トクヤマビル
TEL.03-3597-5072 / FAX.03-3597-5009
締切日 提出先締切:’17/2/1-3/31
賞・助成の対象 新材料分野およびこれに関連する技術分野の海外における国際集会等に参加する大学等および公的研究機関に常勤の研究者(45歳未満)
第43回井上春成賞
団体名 国立研究開発法人科学技術振興機構内 井上春成賞委員会事務局
〒332-0012 埼玉県川口市本町4-1-8 川口センタービル
TEL.048-226-5618 / FAX.048-226-5651
締切日 ’18/2/1-3/31
賞・助成の対象 大学、研究機関等の独創的な研究成果をもとに企業が開発し企業化した優れた技術で、科学技術の発展に寄与し経済の発展、福祉の向上に貢献したものについて、研究者1名、企業代表者1名を表彰する。
詳細についてはホームページをご覧下さい。
(1)井上研究奨励賞 (2)井上リサーチアウォード
団体名 (財)井上科学振興財団
TEL.03-3477-2738 / FAX.03-3477-2747
〒150-0036 渋谷区南平台町15-15 南平台今井ビル601
締切日 (1)’16/9/20 (2)’16/7/29
賞・助成の対象
  1. 過去3年間に自然科学の基礎的研究において学位を取得した新しい領域を開拓する可能性のある優れた研究者(37歳未満)
  2. 自然科学の基礎的研究で優れた業績を挙げ、開拓的発展を目指す若手研究者

詳細についてはホームページをご覧下さい。

平成30年度 全国発明表彰 (1)第1表彰区分 (2)第2表彰区分
団体名 (公社)発明協会 発明奨励グループ
〒105-0001 港区虎ノ門2-9-14 発明会館4F
TEL.03-3502-5431 / FAX.03-3502-3485
締切日 ’17/08/31
賞・助成の対象
  1. 科学技術的に秀でた進歩性を有し、かつ顕著な実施効果を挙げている発明等
  2. 科学技術的に秀でた進歩性を有し、かつ、中小、ベンチャー企業、大学および公設試験研究機関等の研究機関に係る発明等
本発明表彰は、科学技術の向上と産業の発展に寄与することを目的に大正8年に始まり、我が国を代表する幾多の研究者・科学者の功績を顕彰することにより今日の科学技術の発展に大きな足跡を残しています。
本発明表彰は、多大な功績を挙げた発明、考案、または意匠、あるいはその優秀性から今後大きな功績を挙げることが期待される発明等を表彰します。
◇詳細についてはホームページlをご覧下さい。