イベント   -   協会本部

  1. 2018年
  2. 2017年
  3. 2016年
  1. 協会本部
  2. 北海道支部
  3. 東北支部
  4. 関東支部
  5. 東海支部
  6. 関西支部
  7. 中国・四国支部
  8. 九州・山口支部
  1. シンポジウム
  2. フォーラム
  3. セミナー
  4. 講習会
  5. 講演会
  6. 懇談会

平成30年度 後期(秋季)有機合成化学講習会【終了】

日時
平成30年11月21日(水)~22日(木)
場所
(公社)日本薬学会長井記念館長井記念ホール
東京都渋谷区渋谷2-12-15 / TEL.03-3406-3326(地図
主催
有機合成化学協会 / 共催:日本化学会、日本薬学会 / 協賛:日本農芸化学会

テーマ「有機合成の底力 ―新手法・新材料・創薬― 」

有機合成化学は新たな構造や機能を有する分子の探索、目標とする分子の効率的な合成法の開発、従来法では不可能であった反応の達成、などを目標に、多くの研究者が参入し、挑戦を続けている研究分野であります。
今回の講習会では、「有機合成の底力」という主題を掲げ、産・学における、有機合成を基盤とする科学技術の最近の話題を勉強する機会を設けました。
産業界からは、高性能化ポリマーや樹脂の開発、フローケミストリーを用いた生産革新、さらには抗インフルエンザ薬や抗体薬物複合体の創薬研究、また、学界からは、保護基や活性化基に頼らない触媒反応や環状アルキンを用いる新反応、境界領域への挑戦と産業界活用を目指す結晶スポンジ法、有機合成化学的アプローチによる核酸医薬研究、生体分子の高感度核磁気共鳴計測法、創薬への応用を目指すクライオ電顕法、大村天然化合物による創薬研究など、数々の大変魅力的な研究をご紹介いただきます。その際、講師の先生方には、「講習会」という観点から、研究の背景を含む解説や実験ノウハウなども、可能な限り盛り込んでお話いただこうと考えております。
また、ランチョンセミナー形式での企業からの事業紹介は今回はありませんが、これまでと同様に会場での最新の機器、試薬および材料などの展示によるご紹介を予定しております。
さらに、第1日目の講習終了後には、これも本講習会の特長でありますイブニングセッションを、十分な時間を取って開催いたします。ここでは、第2日目の講師の方にも可能な限りご参加いただき、リラックスした雰囲気のなか、講師の先生方とのFace to Faceのコミュニケーションで、より理解を深めることができます。また、このセッションは、同業、異業種問わず、参加者間での情報交換、人脈・ネットワーク作りにもご活用いただけますので、積極的にご参加いただければと思います。
本会は、通常の学会やシンポジウムとは異なる「講習会」であり、参加者の皆様の勉強の場のひとつと考えています。是非、本講習会で「有機合成の底力 ―新手法・新材料・創薬― 」について勉強いただき、ご自身の研究に役立てていただけましたら幸甚です。向学心あふれる皆様のご参加を心よりお待ちしています。

講師と演題(※題目には仮題を含む)

※11月9日にテキストを発送しました。数日中にお手元に届かない場合は、事務局宛お問い合わせください。

  1. 1. 「保護基・活性化基に頼らない直接触媒反応」
    (九州大学大学院薬学研究院教授)大嶋孝志
  2. 2. 「しなやかタフポリマーによるポリマー高性能化」
    (東レ(株)化成品研究所研究主幹)小林定之
  3. 3. 「高屈折率・低複屈折ポリカーボネートの開発とレンズ展開事例」
    (三菱ガス化学(株)本社 機能化学品カンパニー 企画開発部光学材料グループ主査)加藤宣之
  4. 4. 「新規メカニズムを有する抗インフルエンザ薬の創製」
    塩野義製薬(株)創薬化学研究所感染症化学部門感染症化学2グループ長)河井 真
  5. 5. 「連続フロー反応による医薬品の革新的プロセスの開発―スケールアップから実用化まで―」
    ((株)カネカ Pharma & Supplemental Nutrition Solutions Vehicle Pharma統括部研究企画チーム主任)
    安河内宏昭
  6. 6. 「結晶スポンジ法:天然物化学、創薬研究への応用」
    (東京大学大学院工学系研究科教授) 藤田 誠
  7. 7. 「核酸医薬への有機合成化学的アプローチ」
    (東京理科大学薬学部教授)和田 猛
  8. 8. 「核磁気共鳴を利用した高感度生体分子計測」
    (東京大学大学院工学系研究科教授)山東信介
  9. 9. 「クライオ電顕法の発展と創薬応用への可能性」
    (名古屋大学細胞生理学研究センター客員教授)藤吉好則
  10. 10.「バイオ医薬品への有機合成化学アプローチ-抗体薬物複合体Trastuzumab deruxtecanの創薬研究」
    (第一三共(株) バイオ・癌免疫ラボラトリー第五グループ主任研究員)中田 隆
  11. 11.「環状アルキンを用いる合成化学」
    (東京医科歯科大学生体材料工学研究所准教授)吉田 優
  12. 12.「日本発の大村天然化合物による微生物創薬」
    (北里大学北里生命科学研教授)砂塚敏明

参加申込方法

以下の専用フォームよりお申込みください。

受信後、直ちに受付しました旨のe-mailを送信します。
※Webからのお申込みは締め切りました。当日会場にてお申し込みを受付いたします。
※この受信(受付)メールが届かない場合、申込受付が未完了ですので、お手数ですが再登録をお願いします。
※受付メールとお振り込み時の控えをもって、それぞれ『請求書・領収書』に代えさせていただいております。
※お申込みと同時に、郵便振替または銀行振込にてご送金をお願いします。
別途『請求書・領収書』が必要な場合は、お申し込みの際、備考欄にその旨ご記入ください。
※テキストは開催約1週間前に送付予定です。
※テキスト発送後にキャンセルを申し出られても理由の如何を問わず参加費返金ができませんのでご注意下さい。

参加申込締切:定員120名になり次第(座席指定制・先着順)

受講料(テキスト・送料/消費税含む)

主催(本会)会員・共催学会会員【※本会法人会員所属の社員を含みます】

区分 企業所属 学校・官公庁職員・研究生 学生(研究生除く)
主催・共催会員 33,000円 28,000円 16,000円
会員外 52,000円 42,000円 27,000円
本会シニア会員 17,000円(66歳以上の有機合成化学協会・個人会員)

※本会法人会員所属の社員は主催会員扱いとします。

一部の法人会員へ:割引価格のご案内

本会法人会員(特級~2級)については、以下の価格を適用

区分 (特級)会員 (1級)会員 (2級)会員
主催(本会)法人会員 28,000円 31,000円 32,000円

※ 3級、4級法人会員は割引価格の設定がありません。
※ 法人会員の区分はこちらからご確認いただけます。 >>【等級別リスト】(法人会員一覧ページへ)

イブニングセッション(討論&人・情報・話題のネットワークの拡がりを求めて)

初日のプログラム終了後、同会場で講師を囲み、質疑応答や討論、さらには参加者同士の人脈交流・情報交換の場として約2時間設定します。講師全員に本ディスカッションへの参加をお願いしています。(参加無料・自由参加)

展示コーナー

講演に関連する材料や機器(情報集積・表示関連材料・機器、分子モデルソフト、コンビ関連機器、新試薬など)の展示を行います。

送金方法

  • 郵便振替( 00100-1-157690 )
  • 銀行振込(みずほ銀行神田支店普通預金 NO.1620638 ・公益社団法人有機合成化学協会)
    ※カナ表記は シャ)ユウキゴウセイカガクキョウカイ です
  • 参加登録後、速やかにお振込みください。
  • 振込手数料は、ご負担くださいますようお願い致します。
  • ご請求書・領収書をご希望の方は、参加申込フォーム「備考欄」へその旨ご記入ください。

申込先・問合せ先

  • 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台1-5
  • 公益社団法人有機合成化学協会「講習会係」
  • TEL.03-3292-7621 FAX.03-3292-7622
  • e-mail:syn.org.chem@tokyo.email.ne.jp